本文へスキップ

業務の可視化と現場の知恵を共有する「仕事のプラットフォーム」

TEL025-531-1151

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

可能性をデザインせよ!

今の能力で、いつまで同じ仕事で働けるか?

人間の能力は年齢・経験と共に変化していきます!

人間の能力はどんどん変化します。

高卒なら18歳、
大卒なら22歳で働きはじめ、
何歳まで働きますか?
40年働いても60前半です。

この約40年間に、人はどんどん変わります。

20代で、簡単にできたことができなくなります。
そのかわり、20代でできなかったことが
できるようになります。

そうです
 ・伸びる能力
 ・衰える能力
があります

図解:人間の能力は年齢・経験と共に変化していきます!

若い時は、今が一生続くように思ってしまいます。
私もそう思っていました。

でも、変わっていきます。
20代でやっていた仕事を60代では難しくなります。

私の体験ですが、
20代にコンピュータ業界に入りました。
最初は、COBOLのプログラマーでした。
汎用機やオフコンで、
事務処理システムの開発のプログラマーをやっていました。

数年してシステムエンジニア(SE)になりました。
システムの導入をする会社を訪問して、
システム化の要求を取材して、要求定義をして
どんなプログラムを、どのように開発するかを考えます。

プロジェクトを動かしていくとか、
顧客との折衝も必要になってきます。
プログラマーとSEでは、必要とされる能力が違います。

その後、技術営業となりました。
営業マンが探してきた見込客に、
技術者として営業マンと一緒に訪問して
システム化の提案書を作成して営業します。

その次は、
システムの営業マンとして技術者を連れて営業しました。
それぞれ、違った能力が必要です。

そして、今は..
仕事の構造を図解で可視化する仕事をしています。
これまで体験したことが役に立っています。

まだ、COBOLのプログラムくらいはできるでしょうが..
今はもう、コンピュータの技術者とは言えません。
スマホのアプリなんて、
どこから手をつけるかさえ分かりません。
興味も能力のありません。

10年、20年と働くと
その間に、
自分の興味も能力も変化していきます。

誰もが、
伸びる能力と衰える能力があります。
だから..
伸びる能力にシフトしていく必要があるのです!

図解:マネージャーに求められる能力:カッツ・モデル

この図は、ロバート・カッツ氏が定義した
「カッツ・モデル」です。

3つの能力の割合を示しています。

1.テクニカル・スキル(Technical Skill)
  現場の仕事をこなす能力
  業務を遂行する上で必要な知識やスキルを持っている

2.ヒューマン・スキル(Human Skill)
  対人関係を円滑に処理する能力
  人対人のコミュニケーションや葛藤処理などを行う

3.コンセプチュアル・スキル(Conceptual Skill)
  物事を概念化してとらえる能力
  周囲で起こっている事柄や状況を構造的、概念的に捉え、
  事柄や問題の本質を見極めていく能力。

組織の中で上位階層に上がるほど
コンセプチュアルスキルの
重要性が増すと説明されています。

リーダーが、
組織を間違った方向へ導かないために
コンセプチュアルスキルを高める必要に迫られているのです。

当然と言えば、当然です。

カッツ・モデルでは、マネジメントを対象としていますが、
経営者・管理職・現場社員と読み変えても、
通用する分かりやすいモデルです。

  ●現場担当者の時は
    現場の仕事をこなすスキルが求められ

  ●中間管理職になったら
    本質を見極め、
    方針をたてていくコンセプチュアル・スキルの割合が高まっていきます。

  ●経営者になると
   組織をどこに導くかというコンセプチュアルスキルが重要です。

でも、
ただ単にこのモデルを知っているだけでは意味がありません。

このモデルを参考にして、
自分を自分で教育していくプランが必要です。

そこで、問題なのが、コンセプチュアルスキルの磨き方です。

本を読めば、勉強すれば、資格を取れば..
それも大切なことだと思います。

でも、一番はアウトプットし続けることです。

アウトプットすることを意識すると、
インプットが充実します。

漫然と、本を読んだり現場を見るより、
役に立つアウトプットをしようと目的を持つと
それまで見えなかったものが見えてきます。

アウトプットするとは、
自分の現場体験での「気づき」を言葉で文書にするということです。
言葉にすることで、モヤモヤした思考が明確になり
文書にすることで第三者的に見て考えることができます。

この文書が、蓄積されると
 ・オリジナルなノウハウになります
 ・他人に教えることができます
 ・自分の専門性を示す裏付けになります
そして、自信になります。



「稼ぐ人、安い人、余る人」あなたは、どの人になりますか?
同じ仕事をしていても、毎年昇給してもらえると思いますか?
人を大切にする会社で働きたい、そう思っていませんか?
今の能力で、いつまで同じ仕事で働けるでしょうか?
社会の変化が働き方・生き方を変える


人材にとって、これからは厳しい時代へ 


バナースペース

有限会社 テオリア

〒942-0036
新潟県上越市東中島1943-91

TEL 025-531-1151
FAX 025-531-1152
info@teoria.co.jp