本文へスキップ

業務の可視化と現場の知恵を共有する「仕事のプラットフォーム」

 可能性をデザインせよ! 

TEL 025-531-1151

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

理念CONCEPT

理念

可能性をデザインせよ!


昔は、ビジネス・モデルが固定していたので一生懸命に頑張れば何んとかなりました。
「何を・どう頑張るか」が見えていたからです。

今は、「やみくもに一生懸命」やることに価値はありません。
一生懸命はレベルを示す言葉ですので、
 ・何を
 ・どう頑張るか
を明確にしたうえで一生懸命が必要です。

必要なことは
成果を生み出すプロセスのでデザイン(設計)することで
 ・可能性を広げよう
 ・成果が生まれる確率を高めよう
ということを目指しています。 

より良い未来をデザイン(設計)しましょう!



実現することは
 
生産性向上!

●その実現のために
 業務改善を積上げる「仕事のプラット・フォーム」を築いて
 現場で「気づいて・考えて・工夫したこと」(現場の知恵)を
 「みんなで積上げていく土台」を築くことです。

●土台となる技術は
 図解で仕事を可視化する技術
  ・思考の可視化:成果を出す行動(方針・方法・手順..)を考えたことを整理・表現する
  ・仕事の体系化:仕事を「要素・組立て」と考え、関係を整理し構造へと組立てる
 です。



CEOメッセージ

 池田 秀敏

社員は誰でも、
自分の実力を発揮して活躍したいと思っています。

会社も、
社員に活躍してもらい業績を上げたい。

でも、
社員は本体、自分の持っている実力を発揮できているでしょうか?
発揮できていないとしたら
とてももったいないことだと思います。

上司が、部下に対して
 ・期待している
 ・しっかりやってくれ
 ・応援している
などと声をかけるだけでは解決しません。

声をかけるだけで、動いてくれる人
放っておいても、自分でなんでもやれる人は確かにいます。

でも、多くの人は会社の支援を必要としています。
 ・動き出すきっかけを与えたり
 ・こうやればできるとアドバイスしたり
 ・もうちょっと頑張ろうと声をかけたり
することで伸びる人がいます。



会社が、組織として支援すれば
会社の、業績に貢献してくれる人をそのままにしておいては
もったいないです。

会社の支援で目指すことは
 ・実現できる目標
   頑張れば何とかやれそうな目標
   実際に動いて達成感を感じる
 ・利益実感
   給与というより、社内での評価が必要
   やりがいにつながる
この2つです。

この2つを実現するために会社の仕事を設計することが必要です。

会社が、組織として
「仕事を設計する」ということがないと
部分最適な作業指示書的なマニュアルになって
何も変わらずに終わってしまいます。

仕事の設計で必要なことは

 1.仕事の目的と背景
   何のために、自分の仕事が存在するのか
   自分の仕事に、何を期待されているのか

 2.業務全体と自分の位置
   会社の仕事の全体の中で、自分の役割はなにか
   自分の上流・下流の工程との関係は

 3.明快な手順・ツール
   自分のやるべきことが具体的になっている
   上手くやるためのツールがある

この3つです。


この3つは、何も特別な事ではありません。

会社が、組織としてどのように仕事を作業に展開し
適任な担当者で分担して成果を出していく..
そのために必要なことです。

ですが、
組織としてできていない会社がほとんどです。

SE(システムエンジニア)として、
たくさんの会社の業務を取材しましたが
 ・この部分はAさんしかわからない
 ・ここはBさん
 ・あそこはCさん
  ..
と言われることがほとんどでした。
その人しか、その部分を知らないんです。

当然、部分最適になっています。
どこかに、無理を強いています。
誰かが、不満を持っています。

ちょっと応援すれば成果が上がるのに
アラームを出せない人がいます。
自分が原因ではないのに
自分の担当部分で問題が発覚することで叱責される人がいます。


一度、社員の実力発揮のために
仕事の構造を設計図におとしてみませんか!
「こんなに、仕事って見えていなかったのか!」と実感できます。


私がこだわっていること

私がこだわっていることは、
  1.現場の気持ちを大切にすること
  2.作業の細部を大切にすること
この2つです。

この「ありがとうの連鎖」を築いて行くことです。



1.現場の気持ちを大切にすること

  現場の担当者が不満だったら、仕事は機能しません
  誰か一人でも..
   ・「こんちくしょう!」と思ったら、仕事は遅れたり止まったりします。
   ・やりたくないと思ったら、精度・品質は下がります。

  担当者の気持ちを理解していない、
  人としてではなく「モノ・機能」として扱うと上手くいきません。
  必ず、そこがボトルネックになります。

  顧客と接触する現場の担当者の
  現場に立つ「気持ち」、感じた「気づき」、得た「知恵」を活かすことが、
  とても大切です。


2.作業の細部を大切にすること

  仕事の細部に気を使わないと上手く行きません。

  「神は細部に宿る」と言います。
   ・現場を理解しない中途半端な指示は役に立ちません。
   ・現場を具体的に理解していないと大雑把な作業の組立てしかできません。

  細部の詰めが甘いと、指示が形骸化して現場の活動の足を引っ張ることもあります。

  ありますよね...
  現場では、誰ひとり上手く行かないと思っているのに、
  上は、やれると思っている。
  現場では、冷ややかに「取り合えず」やっている..
  そんな場面ありますよね。

  良い仕事をするには、
  現場を「診る」力を育てるために細部へのこだわりが必要です。
   
  現場の「誰が・何をして・どう感じ・どのような成果をだすか」を
  具体的にイメージして作業を組立てることが、とても大切です。



バナースペース

有限会社 テオリア

〒942-0036
新潟県上越市東中島1943-91

TEL 025-531-1151
FAX 025-531-1152
info@teoria.co.jp