本文へスキップ

業務の可視化と現場の知恵を共有する「仕事のプラットフォーム」

TEL025-531-1151

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

テオリア 成長するための「考動知サイクル」PDCA 可能性をデザインせよ!

業務改善が必要な体験・事例

改善は、「余裕ができたらやること」ではなく「余裕がでるように」やること

改善は..
「余裕ができたら、時間ができたら..」その考えは本末転倒です。

『今は忙しいし、そんな時間も余裕も無い』、よくこの言葉を耳にします。

効率の良い仕事、売れる営業、トラブルの起きない仕事......
お客様に喜んでもらえる仕事の体制...
元気の出る組織...

社内の業務改善は、
「もう少し余裕ができたら...」やるものでしょうか?
「時間があったら...」やるものでしょうか?
これでは、本末転倒です。

改善は、余裕を生み出すためにやることです。
今までより効率よく仕事をして、余った時間を使って、
もっと営業成績を生み出すためにやることです。

余裕ができたら、時間があったら...
これではいつまでも余裕は生まれないし、時間もできません。


改善は、「余裕ができたらやること」ではなく
    「余裕ができるようになるために」やることです。

 今を出発点に、少しづつ変えていきましょう!



改善が必要だと感じた例

成果が上がらない、どんな営業をしている?
安心して仕事を任せられない
FC本部の悲しい現実
営業会議の『来月頑張ります』
これで良いのか?酒屋さん
事業計画書が数字の願望書になっている
上手く行かなかった経営者
仕事の障害となる困った面々



バナー
ース






























テオリア 雑誌寄稿











有限会社 テオリア

〒942-0036
新潟県上越市東中島1943-91

TEL 025-531-1151
FAX 025-531-1152
info@teoria.co.jp