本文へスキップ

業務の可視化と現場の知恵を共有する「仕事のプラットフォーム」

 可能性をデザインせよ! 

TEL 025-531-1151

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

こんな体験から、図解を仕事に役立ててきました

平成元年に人間関係で消極的に独立、そこから図解の人生へ

若い時、とっても青かった私は..
職場の人間関係が原因で会社を逃げ出しました。
平成元年の10月1日のことです。

職場を逃げ出し消極的に独立したのですが、
フリーのSEなら、まあ何とかなるかという自信がありました。

でも、バブル崩壊のあおりをくらって創業3年目には
開発の仕事が激減...どうしよう..
当時、汎用機のCOBOLの開発自体が激減していました。

そこで、自分で仕事を創りだす方にならないといけないと考え、
パソコンを使ったソフト開発の提案営業をするようになりました。

人前で話せなかった私が提案営業です..何をどう話すか??..
当時は図解という言葉が一般的ではありませんでしたが、
図解には慣れていました。

そこで、図解で提案書を作り「紙に語らせよう」と考え、
見れば説明しなくても理解してもらえる提案書を作成しました。
まだ、パワーポイントの発売の前のことです。
マックのインスピレーションというソフトを使っていました。

図解は..
独立前のソフト会社で配管CADシステムの設計で図解を使っていました。
配管CADシステムの設計をしていましたので、文章の仕様書を作っても訳が分かりません。
そこで、テンプレート(当時は、穴空き定規です)を使って、
A3の方眼紙に図解の仕様書を書いていました。

分かりにくいデータの遷移、オペレーションなど、
いかに分かりやすくするかがテーマでした。

平面をを立体入力して作図をするだけではなく、配管経路を追いかけて
流量計算をしたり配管部品を自動で拾って部材の積算も必要でした。
設計図面としての精度は低いのですが、面倒くさい機能が必要でした。
特に平面図を立体入力したり、曲がりや分岐等の修正をする場合の
状態や変化を仕様書に記述するために図解で表現すると便利でした。

当時、配管の仕組みを理解して仕様書を書けたのは20数名いた
社員の中で私だけでした。
私がSEとして優秀だったというわけではなく、
針金を曲げながら配管の形状をイメージしていたのは私だけだったのです。
頭の中だけで難しかったんです。
他の人は、誰も針金を曲げてはいませんでした。(^_^)v

今思えば、「まさに、これが図解の極意!」でした。

頭の中に、ありありと状況をイメージできれば書けます。
書き出せば、第三者的に評価きるので修正して完成度を上げられます。
それを繰り返せば、納得できる内容を図解で表現できます。

図解講座でお話させていただいているのですが、
図解できない最大の原因は、明確なイメージを頭に浮かべられないのです。
中途半端に考えて「できたつもり」になっています。
「できたつもり」の状態で、100%の表現しようとすることにムリがあります。

こんな体験から、図解に入り込んでいきました...

01 炎上プロジェクトに参加して作り直しを提案!
02 新規事業の社長のゴーストライター
03 ある医師の言葉「CAN NOT、DO NOT?」
04 新規事業のMBA社長との体験から図解を発想
05 取引先の言葉に悩み続け、仕事を4つに分類
06 「なぜ、分かってくれない?」からコミュニケーションのブーメラン構造
07 頭の中のアイデアの表現には、想像・創造のアプローチが必要!
08 全ての仕事がサービス業化してきました
09 これからは売込むから問題解決の専門家へ
10 上場企業の下請け工場だったが自慢の元社長
11 仕事の依頼の仕方と要求している内容が違う
12 PDCAできない!、悩んだ結果QVSAを考える
13 「使えないヤツ!」が他社で活躍するのは、なぜ?
14 自分の価値を商品化できないマーケティング部長
15 顧客の心にマイナスを積上げてはいないか?
16 社長が精神論で独演会、部下は「来月頑張ります!」
17 70名の会社の営業部長、技術部長が簡単にクビになる
18 34歳で年収一千万円の営業マンが独立、で結末は?
19 作業に逃げ込んで「一生懸命!」と言い訳していないか?
20 依頼の言葉通りに企画し行動すると失敗
21 仕事のノウハウが会社に無い、だから提案できない
22 一緒に会社を始めた片腕に辞められると..
23 安易に成果主義を導入した二代目会計事務所の実情
24      

バナースペース

有限会社 テオリア

〒942-0036
新潟県上越市東中島1943-91

TEL 025-531-1151
FAX 025-531-1152
info@teoria.co.jp